産経WEST

【歴史戦】慰安婦像「要請みじんたりとも受け入れてもらえず」吉村大阪市長 姉妹都市提携「解消が明確な意思表示になる」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史戦】
慰安婦像「要請みじんたりとも受け入れてもらえず」吉村大阪市長 姉妹都市提携「解消が明確な意思表示になる」

サンフランシスコ市の慰安婦像問題で、取材に答える吉村洋文・大阪市長 =24日午前、大阪市北区の大阪市役所(永田直也撮影) サンフランシスコ市の慰安婦像問題で、取材に答える吉村洋文・大阪市長 =24日午前、大阪市北区の大阪市役所(永田直也撮影)

 大阪市の姉妹都市の米カリフォルニア州サンフランシスコ市が慰安婦像と碑文を公共物化したことについて、吉村洋文市長は24日、「寄贈受け入れをやめてほしいという姉妹都市としての要請を、みじんたりとも受け入れてもらえなかった。非常に残念だ」と述べ、改めて年内に関係を解消することを明言した。市役所で記者団の取材に答えた。

 吉村市長はエドウィン・M・リー市長との面会を要望していたが、23日に「慰安婦像に関する用件であれば議論や交渉、面会の余地はない」とする連絡がサンフランシスコ市からあったという。

 また、市議会による寄贈受け入れの決議可決から10日後の自動執行ではなく、リー市長が期限前の22日(現地時間)に承認の署名を行ったことについては、「結果としては同じだが、積極的に署名するということは、リー市長も世界に像と碑文を見聞したいという思いなんだと感じた」と述べ、「信頼関係は完全に破壊された」として解消を決断したとした。

続きを読む

「産経WEST」のランキング