産経WEST

【理研が語る】光る生物の“匠”がもたらす新技術 遺伝子やがん…生命のナゾに迫る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【理研が語る】
光る生物の“匠”がもたらす新技術 遺伝子やがん…生命のナゾに迫る

ナノ・ランタンを発現する大腸菌を筆につけて「光」と描き、培養した様子 ナノ・ランタンを発現する大腸菌を筆につけて「光」と描き、培養した様子

 ナノ・ランタンを使えば、遺伝子の発現やがん細胞を感度よく、また色の違いにより複数種類の細胞を同時に光らせることができる。生物の“匠”を利用することで、遺伝子やがんなど生命の謎に新たな光明が見いだせるようになると期待できる。また、遺伝情報を改変できるゲノム編集技術と組み合わせれば、光る植物の開発など身近な生活に役立つ技術へと発展するかもしれない。より明るい未来のために、さらなる技術開発に励みたい。

 高井啓(たかい・あきら) 理化学研究所生命システム研究センター細胞極性統御研究チーム基礎科学特別研究員。北海道大学大学院農学研究科修士、京都大学大学院博士(医学)。発生生物学出身で研究ツールを「使う側」であったが、いつのまにか「作る側」に。趣味はサッカー・フットサルと地ビール探訪。

このニュースの写真

  • 光る生物の“匠”がもたらす新技術 遺伝子やがん…生命のナゾに迫る

「産経WEST」のランキング