産経WEST

【スポーツの現場】ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの現場】
ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら

 羽賀は翌15年の世界選手権で優勝し、リオ五輪でも銅メダルを取るなど長く重量級を支えてきた。そんな26歳も今年は足踏みが続き、全日本選抜体重別選手権の決勝では、延長の末にウルフに競り負けた。

全日本学生体重別団体優勝大会決勝で国士舘大の飯田健太郎と対戦する東海大のウルフ・アロン(左)

 ウルフに次ぐ2番手として出場した世界選手権は序盤で敗れ、敗者復活戦にも回れなかった。

 この結果を受け、井上監督は「まだまだ世界で戦える力はあると思うし、この悔しさを次につなげていけるように」と奮起を促した。台頭する若手の躍進をただ見つめるだけでは終わらないだろう。

 頭一つ抜けるウルフを2人が追う展開。2020年の主役に躍り出るのは誰か。

このニュースの写真

  • ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら
  • ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら
  • ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら

関連ニュース

「産経WEST」のランキング