産経WEST

【スポーツの現場】ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの現場】
ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら

19歳の新鋭、パリで輝く

 全日本学生体重別団体優勝大会の決勝でウルフに優勢勝ちを奪われて敗れた飯田は、188センチの身長と長い両腕のリーチから「投げて一本を取る柔道」を信条とする。今年2月のGSパリは高校生ながら優勝。世界選手権の出場は逃したものの、学生界ではウルフに次ぐ「東京五輪世代」の新鋭だ。

 ウルフとの差を「パワーとスタミナ」と痛感している。今年は弱点だった下半身と背中の筋力を徹底的に鍛え、体重も一時105キロまで増えた。試合を通して相手を投げきる力をキープできなければ、重量級で勝つのは難しい-と考える。「ウルフさんが世界選手権で優勝し、(差が)離されてしまったけど、挑戦者として立ち向かいたい」と飛躍を誓う。

 一方、ともに代表となった12月のGS東京に向けては、「(ウルフに)4連敗しているので勝ちたい」と意欲を示した。

全日本学生体重別団体優勝大会決勝で国士舘大の飯田健太郎と対戦する東海大のウルフ・アロン(左)

復活期すリオ五輪銅メダリスト

 100キロ級は、男子日本代表を率いる井上康生監督や、国士舘大の鈴木桂治監督らが現役時代に世界のトップに君臨した「エース階級」。だが、2014年の世界選手権では「世界で勝負できる選手がいない」との理由で大会派遣が見送られた苦い過去もある。

続きを読む

このニュースの写真

  • ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら
  • ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら
  • ニッポン柔道、100キロ級の主役は俺だ 「エース階級」世界王者ウルフに国士舘大飯田、リオ銅羽賀ら

関連ニュース

「産経WEST」のランキング