産経WEST

地域の魅力を映す「デザインマンホール蓋」、下水道への理解促進へ「マンホールサミット」、岡山・倉敷で18日開催

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


地域の魅力を映す「デザインマンホール蓋」、下水道への理解促進へ「マンホールサミット」、岡山・倉敷で18日開催

マンホール蓋の上で焼かれたホットケーキ=岡山県倉敷市 マンホール蓋の上で焼かれたホットケーキ=岡山県倉敷市

 マンホール蓋を通じ、下水道への理解を促し、まちづくりにつなげることを目指す「マンホールサミット」が18日、岡山県の倉敷公民館など倉敷市中心地で開催される。今回で7回目だが、首都圏や関西圏以外では初開催。国交省などでつくる「下水道広報プラットホーム」(事務局・東京)と同市が主催する。

 開催は18日午前10時~午後4時半。同公民館では「マンホーラー」と呼ばれる愛好家、各地の特色あるマンホール蓋を紹介する「マンホールカード」の製作者、下水道業務を行う市職員ら7人がリレートークする。

 「地域の魅力を映す」とされるデザインマンホール蓋を切り口に、新たな街歩きの楽しみ方も取り上げられそうだ。

 会場内では倉敷の新マンホールカードが先行配布され、プレゼント抽選会、全国の同カード展示などのほか、屋外ではマンホール蓋で焼いたホットケーキの試食会も行われる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング