産経WEST

【競馬】モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【競馬】
モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯

競馬の第42回エリザベス女王杯を制し、GⅠレース初勝利を飾った5番モズカッチャン=12日、京都競馬場 競馬の第42回エリザベス女王杯を制し、GⅠレース初勝利を飾った5番モズカッチャン=12日、京都競馬場

 競馬の第42回エリザベス女王杯(GI)は12日、京都競馬場(11R2200メートル芝、18頭)で行われ、5番人気のモズカッチャン(M・デムーロ騎乗)が2分14秒3で制し、GIレース初勝利を飾るとともに1着賞金9300万円を獲得した。デムーロ騎手は昨年のクイーンズリングに続きこのレース2勝目、鮫島一歩調教師は初勝利。

 牝馬クラシックでオークス2着、秋華賞3着と惜敗を続けてきたモズカッチャンが古馬混合の女王決定戦で3歳牝馬では4年ぶりとなる勝利を飾った。

 内枠を生かしたM・デムーロ騎手の騎乗が光った。この日の京都は外が伸びてこないのをみて、スタートを決めると内ラチ沿いを5、6番手で進み、最後の直線へ。コーナーで前があくと一気に末脚を伸ばし、粘るクロコスミアをゴール前でクビ差しのいだ。「ずっといい競馬を続けていたので、最後にかわせてうれしい」。昨年のクイーンズリングに続くレース連覇に声を弾ませた。

続きを読む

このニュースの写真

  • モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯

「産経WEST」のランキング