産経WEST

京都・伏見区でカッターナイフ男の路上強盗相次ぐ 同一犯か、府警が捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都・伏見区でカッターナイフ男の路上強盗相次ぐ 同一犯か、府警が捜査

 京都市伏見区で12日朝、カッターナイフを持った男が女性を脅し、現金を奪うなどして逃走する強盗事件が2件相次いだ。京都府警伏見署は同一犯の可能性もあるとみて捜査している。

 同署によると、12日午前5時半ごろ、同区向島本丸町の路上で、清掃員の女性(48)に男が近づき、カッターナイフで脅して現金3千円を奪った。約15分後には約500メートル離れた同区豊後橋町の路上で、無職女性(67)が同様の手口で男に脅されたが、女性が抵抗したため、男は何もとらずに逃走。女性は左手親指に切り傷を負った。

 逃げた男はいずれも20~30代で、170~175センチ。黒色の短髪で黒か灰色の上着を着ており、眼鏡をかけていたという。

「産経WEST」のランキング