産経WEST

香川・まんのう町の女子高生殺害、20年前の不審車情報公開 白っぽい丸み帯び…「エスティマ」? 県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


香川・まんのう町の女子高生殺害、20年前の不審車情報公開 白っぽい丸み帯び…「エスティマ」? 県警

事件当日に真鍋和加さんが着ていたTシャツ(香川県警提供) 事件当日に真鍋和加さんが着ていたTシャツ(香川県警提供)

 香川県の旧琴南町(現まんのう町)の山中で平成9(1997)年、県立観音寺第一高1年生の真鍋和加さん=当時(16)=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、県警捜査1課は10日、真鍋さんの左足の靴が発見された旧高瀬町(現三豊市)の公園付近で、不審車両が目撃されていたと明らかにした。事件当日に真鍋さんが着ていたTシャツの画像も公開した。

 同課によると、目撃されたのは丸みを帯びた白っぽい車。同課はトヨタ自動車のワゴン車「エスティマ」の3タイプとみて捜査していたが、有力情報は得られなかったという。

 真鍋さんは9年3月15日夜、アルバイト先のコンビニを出た後に行方不明になり、同16日に遺体で発見された。

 靴が発見された公園はコンビニと山中を結ぶ県道沿いで、16日午前1時ごろと同2時ごろ、公園付近で、ドライブ中だった当時10代と20代の女性が、それぞれ白っぽい車を目撃した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング