産経WEST

大阪府・大阪市がG20誘致 万博へ知名度向上狙う 会場はインテックス大阪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府・大阪市がG20誘致 万博へ知名度向上狙う 会場はインテックス大阪

 大阪府と大阪市は9日、副首都推進本部会議を府庁で開き、2019(平成31)年に日本で初めて開催される「20カ国・地域首脳会合(G20サミット)」の誘致に向けて取り組むことを決めた。

 外務省が今月13日まで開催地を募集中で、愛知県はすでに計画案を提出している。開催地は来年1~2月ごろに決まる見通し。

 大阪府・市は主会場に大規模展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)を想定。G20を機に大阪の知名度向上や魅力発信をし、2025年の国際博覧会(万博)の誘致につなげる狙いがある。

 吉村洋文市長はこの日、「サミットで大阪の名前を冠した首脳宣言などが採択されることは、大きな財産になる。ぜひ実現させたい」と話した。

 愛知県は中部国際空港のある同県常滑(とこなめ)市の空港島での開催を想定し、今月6日に計画案を外務省に提出している。

 G20は、日本や米国、欧州などの先進7カ国(G7)に中国やロシア、インドなどを加えた20カ国・地域が参加する国際会議の枠組み。35カ国・機関から3万人程度が訪れると想定されている。

「産経WEST」のランキング