産経WEST

返礼品紹介サイト閲覧を市職員に指示 ふるさと納税で鹿児島・志布志市 ランキング上位狙い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


返礼品紹介サイト閲覧を市職員に指示 ふるさと納税で鹿児島・志布志市 ランキング上位狙い

 ふるさと納税の寄付額で全国上位の鹿児島県志布志市が、返礼品を紹介する大手サイトを閲覧するよう、朝礼などで市職員に呼び掛けて組織的にアクセスしていたことが8日、分かった。サイトに表示される自治体人気ランキングで上位に押し上げるのが狙い。市は「利用者に誤解を与えかねない」として同日、指示を取りやめた。

 閲覧を呼び掛けたのは「ふるさとチョイス」というサイトで、利用者はサイトを通じて約1300の自治体に寄付ができ、寄付額に応じて返礼品を選べる。市によると、平成28年4月からサイトの使い方のマニュアルを職員に配布し、毎日の閲覧を呼び掛けた。

 約300人の市職員のうち実際にアクセスに関わった人数は把握していないとしているが、同年8月にはアクセス数が多い人気自治体として常に表示される「殿堂入り」を果たした。

 市は返礼品に名産の養殖ウナギや和牛を用意。総務省によると、28年度の志布志市への寄付額は約22億5千万円で、全国18位にまでランクアップしていた。市ふるさと納税推進室の大迫秀治室長は職員に呼び掛けた理由を「ふるさと納税の重要性を認識してもらうためだった」と説明している。

「産経WEST」のランキング