産経WEST

「京都とIR会場を結ぶのが使命」…京阪HD社長、中之島線延伸に意欲 京都駅前では2カ所でホテル整備

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「京都とIR会場を結ぶのが使命」…京阪HD社長、中之島線延伸に意欲 京都駅前では2カ所でホテル整備

 京阪ホールディングス(HD)が、古都・京都とカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致構想がある大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)を結び、訪日外国人(インバウンド)ら多くの観光客を取り込む構想に向けて動き出している。

 7日、京都駅周辺で平成30年秋から31年春にかけ、200室規模のホテルを2カ所で開業すると発表。さらに、加藤好文社長が同日、夢洲へのIR誘致が実現した場合、アクセス鉄道となる大阪市営地下鉄中央線の九条駅まで京阪中之島線を延伸する考えを表明した。加藤社長は「IRと京都を結ぶことが(京阪の)最大の使命」と力を込める。

 京都駅前の京都第2タワーホテル跡地には「THE THOUSAND KYOTO(ザ サウザンド キョウト)」を31年1月に開業する。富裕層向けで、宿泊料金は1泊2万円台後半から。9階建てで222室あり、隣接する京都センチュリーホテルと低層階でつなげる。投資額は174億円。30年秋には、京都駅南側に「ホテル京阪京都八条口(仮称)」をオープン。地上5階建てで234室。観光バス向けの大型駐車場も備え、観光、ビジネスの双方の需要に応える。

 一方、IR会場へのアクセスに関し、加藤社長は「(中之島線を)九条駅でつなげたらいいのかなと思う」と語った。地下鉄中央線では現在終点のコスモスクエア駅から夢洲に延伸する計画が進められており、大阪府と大阪市は整備費を約540億円と試算している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング