産経WEST

【連続青酸死公判】死刑求刑に「認知症」どう判断 供述変遷、直接証拠少なく 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【連続青酸死公判】
死刑求刑に「認知症」どう判断 供述変遷、直接証拠少なく 

筧千佐子被告の起訴内容 筧千佐子被告の起訴内容

 京都、大阪、兵庫3府県で起きた連続青酸死事件で夫や内縁男性らへの殺人罪と強盗殺人未遂罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)の裁判員裁判は7日、京都地裁(中川綾子裁判長)で判決が言い渡される。検察側は「遺産の取得や借金返済を免れる目的で青酸を飲ませた」として死刑を求刑。弁護側は無罪を主張し「認知症の影響で訴訟能力がない」と審理の打ち切りを求めるなど、真っ向から対立した。犯人性を示す直接証拠が乏しい中、公判で筧被告の法廷供述は二転三転しており、裁判員は難しい判断を迫られている。

黙秘→殺害認める→発言覚えていない→殺害否認

 「お金というより差別されたから」

 「(遺産で)借金を返せると思った」

 7月10日に行われた初めての被告人質問で、筧被告が語った夫の勇夫(いさお)さん=当時(75)=の殺害動機は矛盾していた。

 公判前の精神鑑定で「軽度の認知症」と診断されていた筧被告。被告人質問でいったんは「黙秘」を宣言しながら、直後に冗舌にしゃべり出して一連の犯行を認めるなど、法廷は荒れ模様になった。

 2日後に行われた再度の被告人質問では、前回のやり取りを「どんな答弁をしたか覚えていない」と返答。内縁関係だった本田正徳さん=同(71)=殺害事件の被告人質問では「本田さんを殺したイメージが湧いてこない」と供述し、青酸を飲ませた方法も「食べ物に混ぜた」「カプセルだと思う」と二転三転した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 死刑求刑に「認知症」どう判断 供述変遷、直接証拠少なく 

「産経WEST」のランキング