PR

産経WEST 産経WEST

【日本シリーズ第6戦速報】(10)八回、ソフトバンクが1点返す 八回を終えて3-2でDeNAリード

Messenger

 八回、だめ押しを狙うDeNAは、先頭の3番ロペスがソフトバンク6番手岩崎から左前打を放って出塁。1死後、5番宮崎の左前打と6番柴田の犠打で2死二、三塁としたが、7番白崎は見逃し三振に倒れて無得点。

 その裏、追いつきたいソフトバンクは、先頭の8番長谷川がセンターオーバーの二塁打で好機を作る。ここでDeNAは先発今永がマウンドを降り、2番手で井納が登板した。

 無死二塁から甲斐の代打・明石は二ゴロ。1死三塁となり、DeNAは3番手投手に砂田を送り込む。ここでソフトバンクは1番柳田の一ゴロの間に三走が生還し、1点を返した。

 試合は3-2でDeNAがリード。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ