PR

産経WEST 産経WEST

【日本シリーズ第6戦速報】(8)六回は両チームとも無得点 ソフトバンクは2死二、三塁の好機にデスパイネが右飛に倒れる

Messenger
【日本シリーズ第6戦】6回、ソフトバンク・デスパイネは外野フライ。厳しい表情の工藤監督=福岡市中央区のヤフオクドーム(村本聡撮影)
【日本シリーズ第6戦】6回、ソフトバンク・デスパイネは外野フライ。厳しい表情の工藤監督=福岡市中央区のヤフオクドーム(村本聡撮影)

 六回、DeNAは先頭の5番宮崎が、この回からマウンドに上がったソフトバンク4番手の森から安打を放って出塁。送りバントなどで2死三塁としたが、8番嶺井は投ゴロに倒れて無得点。

 その裏、ソフトバンクは1死からラストバッターの甲斐と1番柳田の連続四球と送りバントで2死二、三塁の好機を迎える。しかし第4、5戦と2戦続けてノーヒットだった3番デスパイネは右飛で凡退。助っ人大砲のバットから快音が遠のいている。

 試合は六回を終えて3-1でDeNAがリード。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ