産経WEST

砂漠や氷河越え…やみつきの過酷マラソン 日本人初の七大陸走破へ「リーチ」の男性、アフリカでレース

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


砂漠や氷河越え…やみつきの過酷マラソン 日本人初の七大陸走破へ「リーチ」の男性、アフリカでレース

アイスランドで開かれた大会で走る北田雄夫さん=2015年9月(提供写真) アイスランドで開かれた大会で走る北田雄夫さん=2015年9月(提供写真)

 砂漠やジャングル、氷河など過酷な大自然を数日かけて走る「アドベンチャーマラソン」に挑戦を続ける男性が堺市にいる。堺市東区の会社員、北田雄夫(たかお)さん(33)。5日からアフリカ・モザンビークで行われる「Ultra Africa Race」を完走すれば、“世界七大陸”のレースを走破することになり、「七大陸走破は日本人では初。今回のために1年間準備してきた。万全の状態で臨みたい」と意気込んでいる。

 中学から陸上を始め、近畿大陸上競技部在籍時には、日本陸上競技選手権大会の4×400メートルリレーで3位入賞するなど活躍。就職後もマラソンやトライアスロンに挑戦してきたが、「人がやらないことにチャレンジしたい」とアドベンチャーマラソンに出場した。

 初挑戦は2014(平成26)年6月。中国・ゴビ砂漠の250キロを7日間かけて走破した。「大自然を地平線に向かって走った。苦しかったが、ゴールしたときの達成感は言葉では言い表せないほど。やみつきになった」と振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 砂漠や氷河越え…やみつきの過酷マラソン 日本人初の七大陸走破へ「リーチ」の男性、アフリカでレース
  • 砂漠や氷河越え…やみつきの過酷マラソン 日本人初の七大陸走破へ「リーチ」の男性、アフリカでレース
  • 砂漠や氷河越え…やみつきの過酷マラソン 日本人初の七大陸走破へ「リーチ」の男性、アフリカでレース

「産経WEST」のランキング