産経WEST

【NIE@産経・実践校から(8)】睡眠の大切さ、記事から学ぶ 兵庫・三木市立別所小学校

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【NIE@産経・実践校から(8)】
睡眠の大切さ、記事から学ぶ 兵庫・三木市立別所小学校

下田広行教諭の指導のもと、睡眠に関する新聞記事を読みながら記事の要点をまとめていく児童たち=10月、兵庫県三木市立別所小学校 下田広行教諭の指導のもと、睡眠に関する新聞記事を読みながら記事の要点をまとめていく児童たち=10月、兵庫県三木市立別所小学校

 兵庫県三木市の市立別所小学校で10月、「睡眠の大切さ」をテーマに新聞記事を使った授業が行われた。5年生26人が睡眠と発達に関する記事を読み、睡眠不足が体や脳にどのような悪影響を及ぼすのかを学習。これからの生活をどう改善すべきかを話し合った。

 新聞に親しむとともに、タイムリーで信用度の高い記事情報を自分の生活に生かそうと、保健体育の授業の一環として実施。兵庫県立リハビリテーション中央病院「子どもの睡眠と発達医療センター」で参与を務める三池輝久さんの記事などを教材にした。

 児童らは記事に掲載された「睡眠不足チェック表」を記入し、自らの睡眠状況を把握。三池さんの記事を読み、「いらいらしたり、やる気がなくなったりする」「記憶力や集中力が低下し、不登校につながる」といった睡眠不足が引き起こす悪影響をプリントに書き出した。

 また、担任の下田広行教諭(33)が睡眠時間が短いと学力や体力が低下するという統計データを紹介。児童たちは記事を参考に小学生の適正な睡眠時間なども学んだ。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング