産経WEST

【将棋】藤井聡太四段、順位戦6連勝 高校進学にも言及「時間的制約あるが集中して強くなりたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井聡太四段、順位戦6連勝 高校進学にも言及「時間的制約あるが集中して強くなりたい」

脇謙二八段(右)に勝ち、対局を振り返る藤井聡太四段=2日午後、大阪市福島区の関西将棋会館 脇謙二八段(右)に勝ち、対局を振り返る藤井聡太四段=2日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は2日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた順位戦C級2組6回戦で、脇謙二八段(57)に70手で勝ち、順位戦6連勝とした。公式戦通算成績(未放映のテレビ対局は除く)は49勝6敗。

 終局後、藤井四段は「中盤は危なかったが、飛車を成り込めて少し指せるようになった」と振り返った。脇八段は「具体的によくする手が難しかった。もう少し競り合いたかった」と話した。

 藤井四段は10月25日、高校進学を決断したことが日本将棋連盟から発表されたばかりで高校進学について「これからの3年間、将棋とは違った世界でも色々なことを吸収したい。(将棋に費やす)時間的な制約はもちろんあると思うが、その中で集中してやれば強くなれると思う」と意欲を示した。

 順位戦は名人戦の予選リーグにあたる。A級▽B級1組▽B級2組▽C級1組▽C級2組の5クラスあり、年度ごとのリーグ戦で昇級や降級がある。A級の優勝者が名人に挑戦する仕組み。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング