産経WEST

広島、香川の病院で患者女児11人にわいせつ行為、元小児科医が起訴内容認める 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


広島、香川の病院で患者女児11人にわいせつ行為、元小児科医が起訴内容認める 

 患者の女児計11人に対し、下腹部をスマートフォンで撮影するなどのわいせつな行為をしたとして、強制わいせつなどの罪に問われた国立病院機構「四国こどもとおとなの医療センター」(香川県善通寺市)の元小児科医井川雅崇被告(32)=懲戒解雇=の初公判が2日、高松地裁(横山浩典裁判官)で開かれ、被告は起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、大学生の頃から幼い子どもを性的な対象として見ていたと指摘。「診療上の必要がなかったにもかかわらず、性的な欲望を満たすために犯行に及んだ」と述べた。

 起訴状などによると、平成27~29年、同医療センターと、研修医として勤務していた国立病院機構「広島西医療センター」(広島県大竹市)の病室や診察室で、13歳未満の女児11人にわいせつな行為をしたとしている。

「産経WEST」のランキング