産経WEST

三つ子ライオンすくすく 計量記念日に体重測定 和歌山・アドベンチャーワールド 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


三つ子ライオンすくすく 計量記念日に体重測定 和歌山・アドベンチャーワールド 

「アドベンチャーワールド」で公開された、三つ子の赤ちゃんライオンの体重測定=31日、和歌山県白浜町 「アドベンチャーワールド」で公開された、三つ子の赤ちゃんライオンの体重測定=31日、和歌山県白浜町

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は31日、9月20日に生まれた三つ子の赤ちゃんライオン(いずれも雄)の体重測定を公開した。生後1カ月余りでそれぞれ5倍近くの5・4~5・7キロに成長し、元気に動き回る姿に来場者から「かわいい」との声が聞かれた。

 11月1日の計量記念日にちなんだ催し。誕生時は3頭とも約1・2キロだった。施設によると、1日約750ミリリットルの人工乳を飲んでいる。幼い間はヒョウ柄模様で、成長につれて薄くなるという。

 親子で体重測定イベントに参加した富山県高岡市の医師鳥田宗義さん(46)は「間近で見ると、とてもかわいかった。3頭には『百獣の王』らしく、元気に育ってほしい」。赤ちゃんライオンを触った長女の紗希ちゃん(4)は「かわいくて、体はふわふわだった」と喜んだ。

「産経WEST」のランキング