産経WEST

【鬼筆のスポ魂】中国はビビっている? 日本卓球、スーパーリーグの平野・石川“排除”は中国離れの千載一遇チャンス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
中国はビビっている? 日本卓球、スーパーリーグの平野・石川“排除”は中国離れの千載一遇チャンス

卓球の世界選手権個人戦女子シングルスで3位となった平野美宇=6月、デュッセルドルフ(共同) 卓球の世界選手権個人戦女子シングルスで3位となった平野美宇=6月、デュッセルドルフ(共同)

 2020年東京五輪への影響は想像以上に大きいが、新たなステージに脱皮する千載一遇のチャンスかもしれない。日本女子卓球界のことだ。

 公表されている通りなら、世界最高峰の卓球リーグである中国スーパーリーグはきょう31日に開幕。来年2月11日に閉幕する。例年なら日本人選手も参加するが、今月4日、中国側から日本卓球協会に日本人選手の参加不可の通達が届いた。

 参加を予定していた平野美宇(みう、17歳=エリートアカデミー)と石川佳純(24歳=全農)がプレーするチャンスが消滅した。これまでも五輪の約1年前から日本人選手の受け入れを制限していた同リーグだが、五輪の3年も前から“拒絶”するのは初めてだ。

 気になるのは躍進目覚ましい日本女子卓球界への今後の影響で、2012年ロンドン五輪団体銀メダリスト、平野早矢香(さやか)や福原愛、石川佳純ら有力選手を輩出し、日本女子卓球界の基盤を築いてきたミキハウスの木村皓一(こういち)社長はこう言い切った。

 「影響は必ずあるね。平野かて、(福原)愛ちゃんかて、かつては練習相手は全部、中国の選手やった。卓球界の公用語は中国語や。愛ちゃんなんかは最後は中国語ペラペラやんか。中国の最高峰のリーグに参加できへんのは影響あるよ」

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国はビビっている? 日本卓球、スーパーリーグの平野・石川“排除”は中国離れの千載一遇チャンス
  • 中国はビビっている? 日本卓球、スーパーリーグの平野・石川“排除”は中国離れの千載一遇チャンス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング