産経WEST

なぜトノサマガエルは観測されないのか 季節の生物が2020年に対象外に 松江で8年連続未確認 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


なぜトノサマガエルは観測されないのか 季節の生物が2020年に対象外に 松江で8年連続未確認 

全国的に減少傾向のトノサマガエル(ホシザキ野生生物研究所提供) 全国的に減少傾向のトノサマガエル(ホシザキ野生生物研究所提供)

 全国の気象台や測候所が季節に応じ、さまざまな動物や植物が「初めて鳴いた日」や「開花した日」などを公表している「生物季節観測」。よく話題になるのはソメイヨシノの「開花」やツバメの「初見」などだが、松江地方気象台は今季のトノサマガエルの初見を「欠測」と決めた。トノサマガエルは8年連続で観測できなかった。(小林宏之)

生物季節観測は気候の進み具合を見るのが目的

 同気象台では、動物14種類と植物12種類を対象に初鳴きや初見、開花などの現象を観測している。動物の初見日の場合、積極的に探し回らず、気象台・測候所から半径5キロ圏内で定点を決め、自然に見つかった状況を記録している。

 同気象台では、トノサマガエル初見日の平年値は4月18日で、最も遅かったのは5月3日。だが、姿を確認できない事態が平成22年から続き、今年も夏を過ぎて欠測と判断した。当地方から、トノサマガエルが姿を消してしまったのか。

 「あくまでも気象台から半径5キロの話」と話す後藤章仁調査官。気象庁情報管理室も「生物季節観測は、動植物を指標にして気候の遅れや進み具合を見るのが目的。観測結果と生物個体の増減は直接には結びつけづらい」と説明する。

カエルが繁殖しづらい環境?

 一方で、水生生物に詳しいホシザキ野生生物研究所(島根県出雲市)の林成多研究員は「トノサマガエルの主な繁殖場所である水田の減少に加え、近年は稲作の途中で田の水を抜く『中干し』をする農家もあり、カエルが繁殖しづらい環境は増えている」と指摘。

続きを読む

「産経WEST」のランキング