産経WEST

タクシー運転手が人手不足、免許の緩和を検討 警察庁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


タクシー運転手が人手不足、免許の緩和を検討 警察庁

 工学系の大学名誉教授や教習所の関係者、科学警察研究所の研究官ら13人で構成する調査研究委は、「2年以上」の特例をさらに短縮できるような教習が可能かどうか検討。連合会側は「1年以上へ短縮されれば、大卒者の採用も進むと考えている」としている。

 本年度の報告書を踏まえ、来年度以降も2種免許の在り方を検討。年齢要件やバスなどの運転に必要な大型2種免許の受験資格も検討課題とするとしている。

 2種免許を巡って警察庁は27年12月、補聴器を使って試験の聴力検査が受けられるよう道交法施行規則を改正。聴覚障害者には職域拡大の機会となり、人手不足に悩む運輸業界にとっても運転手の増加につながると期待された。

「産経WEST」のランキング