産経WEST

【衝撃事件の核心】「まるでジャイアン」高さ10メートル、橋から海へ「飛び降りろ」…決死ダイブの被害男性が無傷だったワケ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「まるでジャイアン」高さ10メートル、橋から海へ「飛び降りろ」…決死ダイブの被害男性が無傷だったワケ

アルバイトの男が職場の同僚の男性を突き落とした殺人未遂事件の現場となった常吉大橋。この付近から約10メートル下の海へ突き落とされた男性は自力で岸まで泳ぎ、無事だった=10月24日午後、大阪市此花区(小川原咲撮影) アルバイトの男が職場の同僚の男性を突き落とした殺人未遂事件の現場となった常吉大橋。この付近から約10メートル下の海へ突き落とされた男性は自力で岸まで泳ぎ、無事だった=10月24日午後、大阪市此花区(小川原咲撮影)

 「ジャンプしてみろよ」。このフレーズが、いわゆるカツアゲ(恐喝)に使われることがあるのをご存じだろうか。脅された人がジャンプする→ズボンのポケットに入れた小銭がジャラジャラ鳴る→「ポケットの中身もよこせ!」-という流れ。現実にこんな事例があったのか定かではないが、ヤンキーマンガの全盛期に思春期を過ごしたミドル世代の男性なら、おそらくピンと来るだろう。この「脅されてジャンプする」という構図の極限とも言うべき事件が9月、大阪市内で起きた。被害者の男性は高さ約10メートルの橋から海中へと決死のダイブをする羽目になったのだ。一体何があったのか。

トラブルの原因は…

 人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に近い大阪市此花区の大阪北港エリア。淀川河口にかかる常吉大橋(全長約540メートル)が事件の舞台となった。

 欄干沿いには歩道が設けられ、平時は絶好の夜景スポットになっている。橋の下は人気の釣り場で、アジやサヨリが釣れるという。

 ザブーン…。水しぶきが静寂を破ったのは9月29日の深夜のこと。橋から転落したのは食品製造会社のアルバイト、佐藤祐太さん(29)=仮名=だった。

 その直前、佐藤さんは橋の欄干を乗り越え、眼下に暗い水面を臨む、ほんのわずかな縁に立っていた。

 佐藤さんにそんな危険な行為を強いたのは、アルバイト先の同僚の男(25)だ。男は佐藤さんを飲みに誘い、断られたことに立腹。自宅まで押しかけ、「遊びに行こう」と強引に佐藤さんを呼び出した。そしてこの橋まで連行したのだ。

「飛び降りろ!」断ったが背中を…単なるバイト仲間が転職しても〝寄生〟そして

このニュースの写真

  • 「まるでジャイアン」高さ10メートル、橋から海へ「飛び降りろ」…決死ダイブの被害男性が無傷だったワケ

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング