産経WEST

陸自隊員、訓練中に自殺か 大分・日出生台の演習場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


陸自隊員、訓練中に自殺か 大分・日出生台の演習場

 陸上自衛隊第4師団司令部(福岡県春日市)は29日、大分県の日出生台演習場で訓練中に行方不明となった第16普通科連隊(長崎県大村市)の男性2等陸曹(32)が、演習場内で携行のロープを木に掛けて首をつった状態で見つかり、死亡が確認されたと発表した。遺体に不審な外傷などはなく、自殺の可能性があるとみて調べている。

 司令部によると、2等陸曹は同日午前0時すぎ、雑木林で発見された。訓練で使った銃剣(刃渡り29センチ)や小銃といった武器は現場に残っていた。

 2等陸曹は27日深夜、2人一組で相手の陣地を偵察し攻撃する訓練中に行方が分からなくなった。相方は2等陸曹が敵方の捕虜になったと思い、28日午後に敵方へ照会。その後、約2800人態勢で捜していた。

 訓練は23日から約3900人で実施。日出生台演習場は総面積約4900ヘクタールで西日本最大。

「産経WEST」のランキング