産経WEST

製菓学生×パン職人で挑戦 個性的で売れるパンとは 11月に発売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


製菓学生×パン職人で挑戦 個性的で売れるパンとは 11月に発売

アイデアを持ち寄って新作パンの開発に取り組む学生ら アイデアを持ち寄って新作パンの開発に取り組む学生ら

 三重県四日市市の製菓学校の学生とプロのパン職人がオリジナルのパンを共同開発し、11月1日から鈴鹿市と桑名市のベーカリーで売り出す。学生が「作ってみたいパン」と店として「利益を出せる商品」との間にあるギャップを埋めながら、4種類を完成させた。果たして消費者の反応は-。店も学生も期待を込めて発売日を待っている。

 ユマニテク調理製菓専門学校と、ベーカリー「パンデココ」を運営するマインド(鈴鹿市)のコラボ企画。同校OBでパンデココ桑名店の店長、村田祐基さん(30)の発案で始まった。

 同校では、これまでも企業とコラボしたことはあったが「売れる」ことが重視され、学生のアイデアが十分に生かし切れなかったという。これを聞いた村田さんが「うちで挑戦させてください」。夏休み明けから2年生19人と、秋・冬をテーマに開発に取り組んだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング