産経WEST

パンダの結浜、引っ越し アドベンチャーワールド

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パンダの結浜、引っ越し アドベンチャーワールド

スタッフから贈られた氷をかじる結浜=和歌山県白浜町 スタッフから贈られた氷をかじる結浜=和歌山県白浜町

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で27日、平成28年9月に生まれた雌のジャイアントパンダ「結浜(ユイヒン)」が、生まれ育った同施設内のブリーディングセンターから双子の姉「桜浜(オウヒン)」「桃浜(トウヒン)」のいる希少動物繁殖センター「パンダラブ」に引っ越して、新生活を始めた。

 結浜は誕生時、197グラムだった体重が33キロにまで成長。まだ永久歯は生えそろっていないが、1日にミルク1・5リットル、リンゴ300グラムにパンダの主食、竹も食べ始めているという。今月10日に母親「良浜(ラウヒン)」から離れてひとりだちをしたが、これまで病気やけがもなく元気に育っている。

 特製の氷や竹、リンゴなどをプレゼントされた結浜は、愛らしいしぐさでスタッフに甘えたり、竹をかじったりし、詰めかけた大勢の観客らからは「かわいい」「ぬいぐるみみたい」などと歓声があがっていた。

このニュースの写真

  • パンダの結浜、引っ越し アドベンチャーワールド

「産経WEST」のランキング