産経WEST

大分の飲食店で10人食中毒 カンピロバクター検出

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大分の飲食店で10人食中毒 カンピロバクター検出

 大分県は27日、同県別府市の飲食店で20日夜に食事をした20~30代の男女10人が腹痛や下痢の症状を訴え、うち2人から食中毒菌のカンピロバクターを検出したと発表した。重症者はなく、全員が快方に向かっている。県東部保健所は店に27日から3日間の営業停止を命じた。

「産経WEST」のランキング