産経WEST

iPS細胞とナノ繊維で心筋 ラット移植で厚さ増し機能回復 京大グループ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


iPS細胞とナノ繊維で心筋 ラット移植で厚さ増し機能回復 京大グループ

新たな心筋組織シートのイメージ 新たな心筋組織シートのイメージ

 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心筋細胞を、微細繊維(ナノファイバー)を土台にしてシート状にし、心臓病のラットに移植すると機能の回復が見られたと、京都大の劉莉(リュウリ)准教授(組織工学)らのグループが発表した。27日に米科学誌電子版に掲載される。

 心筋梗塞など心筋に血液がいかなくなる患者は国内で約80万人に上り、年間約4万人が死亡。心臓移植が有効だが、ドナー不足などの問題を抱える。新たなシートは、心臓に移植しやすく低コストで免疫反応もみられないという。

 グループは縫合手術などで糸として使われる素材を利用して開発した繊維を利用することで、より心臓構造に近いシート(厚さ約200マイクロメートル)を開発した。

 このシートを慢性心筋梗塞のラットの心臓に移植したところ、約2カ月後にシートは最大約500マイクロメートルに厚みが増し、低下していた心機能の改善がみられた。

 心筋細胞は心臓の動きに合わせて発達するが、これまでの心筋細胞を使ったシートは移植しても厚みが最大100マイクロメートルにしかならなかった。今回は、繊維が心臓の動きに反応して心筋細胞を成長させて厚みが増したとみられる。

 繊維は体内で代謝されて消滅し、心筋細胞のみが残っていた。炎症反応も確認されなかったという。

「産経WEST」のランキング