産経WEST

【関西の議論】汗臭い男社会に女性だけのチーム出現 ピンクのごみ回収車と作業着…業界のイメージ刷新なるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
汗臭い男社会に女性だけのチーム出現 ピンクのごみ回収車と作業着…業界のイメージ刷新なるか

ごみ回収会社「大栄」で、9月から本格的に活動を始めた「さくらチーム」の女性従業員。男社会に女性の社会進出の波が押し寄せている=兵庫県西宮市 ごみ回収会社「大栄」で、9月から本格的に活動を始めた「さくらチーム」の女性従業員。男社会に女性の社会進出の波が押し寄せている=兵庫県西宮市

 ただ、技能職全体での女性の比率に注目すると、前年と比べて4割以上も増加している。しかも、同団体が26年に策定した計画で「女性技能労働者数について5年以内に倍増を目指す」と掲げたが、実際はわずか2年で10人から40人へと4倍に増えた。

 しかし、この調査はあくまで大手業者が対象だ。同団体の担当者は「大手では女性は技能職よりも技術職に就く傾向にある。下請け業者などでは、まだ女性の技能職の成り手は少ない」と指摘する。下請け業者を含めれば女性の技能職は近年、横ばいか減少傾向にあるといい、担当者は「若手の女性が働きやすい環境作りをさらに進めなければならない」と話す。

現場に女性用トイレも

 建設資材の価格などの調査や出版を手がける団体「建設物価調査会」(東京)も、建設業界での女性の活躍を支援するプロジェクト「チームひまわり」を推進する。担当者は、建設業界で女性のチームを編成するメリットについて「複数の女性が現場にいることで、女性の意見を取り入れやすい環境になる」と説明する。

 同団体では女性が活躍する現場を調査し、発行する冊子で伝えるなどしてきた。現場で女性から話を聞くと、かつては「女性用のトイレがない」といった不満の声も聞かれたが、最近は現場でも簡易の女性用トイレが設置されるなど、女性が働きやすい環境整備が進んでいるという。

 担当者は、建設業界への女性進出について「内装デザインなど女性の方が向いている仕事は建設業にもたくさんある。そこをアピールしていくことが必要なのではないか」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 汗臭い男社会に女性だけのチーム出現 ピンクのごみ回収車と作業着…業界のイメージ刷新なるか
  • 汗臭い男社会に女性だけのチーム出現 ピンクのごみ回収車と作業着…業界のイメージ刷新なるか

「産経WEST」のランキング