産経WEST

【軍事ワールド】軍事情報盗まれ放題…韓国の“脱北者頼み”の諜報戦の行方

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
軍事情報盗まれ放題…韓国の“脱北者頼み”の諜報戦の行方

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の暗殺作戦を含む米韓両軍の最新の軍事計画「作戦計画5015」を筆頭に、韓国軍の機密資料295件が何者かのハッキングで流出していたことが10月10日、明らかになった。韓国では北朝鮮の犯行とみられているが、問題なのは、情報戦という舞台で“反撃”する能力が韓国にないことだ。韓国のエスピオナージ(スパイ活動)能力の貧弱さを目の当たりにし、米軍は自前で対策に乗り出した。    (岡田敏彦)

情報漏洩

 朝鮮日報(電子版)などによると、「作戦計画5015」が漏れたのは昨年9月。この計画は米韓連合軍の作戦計画で、北朝鮮と韓国が全面戦争になった場合に実施するもの。具体的には、金委員長ら北指導部の移動状況の識別▽指導部の避難先の封鎖▽強襲作戦▽作戦後の離脱-という4段階の計画内容が含まれていた。2015年に立案したものだが、わずか1年あまりで北朝鮮に筒抜けになった。

 もちろん非情な諜報戦の世界では、情報を盗むこともあれば盗まれることもある。問題なのは、韓国だけが「盗まれっぱなし」なことだ。背景には、韓国の政治的な未熟さと混乱する国内事情がある。

 脱北者頼みの功罪

 韓国政府や軍はもろ手を挙げて脱北者を歓迎する。最大の理由は冷戦時さながらの対抗心で「韓国の方が北朝鮮よりいい国なのだ」ということを内外にアピールできるからだ。特に国内の親北勢力に対しては強い説得力がある。実際に北朝鮮で生きてきた人々が、北の体制下での非人道的な扱いや民衆の苦痛を語るのだから。

続きを読む

このニュースの写真

  • 軍事情報盗まれ放題…韓国の“脱北者頼み”の諜報戦の行方
  • 軍事情報盗まれ放題…韓国の“脱北者頼み”の諜報戦の行方
  • 軍事情報盗まれ放題…韓国の“脱北者頼み”の諜報戦の行方
  • 軍事情報盗まれ放題…韓国の“脱北者頼み”の諜報戦の行方

関連ニュース

「産経WEST」のランキング