産経WEST

【維新会見詳報(上)】「地元大阪で競り負けた」 橋下氏不在の初の衆院選「全国への発信難しかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【維新会見詳報(上)】
「地元大阪で競り負けた」 橋下氏不在の初の衆院選「全国への発信難しかった」

大阪維新の会の開票センターで会見する松井一郎代表=22日夜、大阪市北区(山田哲司撮影) 大阪維新の会の開票センターで会見する松井一郎代表=22日夜、大阪市北区(山田哲司撮影)

 衆院選では小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党と互いの本拠地である東京と大阪で候補者をすみ分けたが、その効果については「切磋琢磨(せっさたくま)で競り合っていればもっと悪い結果だったかもしれないし、逆に切磋琢磨した方がよかったのかもしれない。現実に起きていないことだからよく分からない」と言葉をにごした。

 維新が掲げる「身を切る改革」など希望の党とは重なり合う政策も多いが、今後の連携については「希望の党がどういう運営をするのかが一番のポイント」と留保。「希望の党が掲げた政策を実現するなら協力するし、違う形になれば協力できない」と述べ、希望の党に対しても「是々非々の姿勢で臨む」と強調した。

 抜群の発信力を誇った維新創設者の橋下徹元大阪市長が「政界引退」してから初の衆院選となり、会見では橋下氏不在の影響に関する質問も出た。松井代表は「党員が死力を尽くして戦った。橋下さんがいるかいないかを気にしても仕方ない」と語り、「影響は特になかった」と強調したが、「全国に発信するのはなかなか難しかった」とも。

 松井代表の進退に関する質問には、「大きな選挙の後は、党員の皆さんの意見を聞くことになっている。党員の判断に任せたい」と語った。

「産経WEST」のランキング