産経WEST

【衆院選】交際疑惑の山尾氏が逆風はねのけ一騎打ち制す 愛知7区、自民前職と激戦 拍手と大歓声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衆院選】
交際疑惑の山尾氏が逆風はねのけ一騎打ち制す 愛知7区、自民前職と激戦 拍手と大歓声

くす玉がわりに大きな風船を割り、中に入っていた小さな風船に囲まれる山尾志桜里候補=23日午前0時57分、愛知県長久手市 (安元雄太撮影) くす玉がわりに大きな風船を割り、中に入っていた小さな風船に囲まれる山尾志桜里候補=23日午前0時57分、愛知県長久手市 (安元雄太撮影)

 愛知7区では、民進党時代に政調会長を務めた前職で無所属の山尾志桜里氏(43)が、自民党前職鈴木淳司氏(59)との一騎打ちの激戦を制し、3選を果たした。22日夜、テレビで当選確実が伝えられると、長久手市の選挙事務所では拍手と大歓声が湧き起こった。

 事務所には、山尾氏のイメージカラーである青の鉢巻きを締めた支援者50人以上が集結した。

 週刊誌で既婚男性との交際疑惑が報じられ、9月に民進党を離党。序盤は無党派層の取り込みに苦労したが、住宅街での街宣活動に重点を置くなどして終盤に逆転した。

 疑惑については一貫して否定。街頭演説では、子育て政策や女性の活躍推進に取り組んできた実績を強調していた。

「産経WEST」のランキング