産経WEST

【台風21号】三重・名張の宇陀川が氾濫

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風21号】
三重・名張の宇陀川が氾濫

台風21号による大雨で、22日午後7時45分ごろ、三重県名張市を流れる宇陀川が氾濫した。また同県伊勢市は同日夜、11万人に避難を指示。津市や岐阜県大垣市も避難指示を出した。

 国土交通省近畿地方整備局の淀川ダム統合管理事務所と大阪管区気象台の共同発表によると、氾濫したのは宇陀川の東岸。名張市によると、人的被害は確認されていないが、一部の住宅に浸水被害があるもよう。

 名張市は、付近の約6200世帯、約1万3千人に避難勧告を出した。県道が冠水しており、近くの住民が避難所に身を寄せた。

 近畿日本鉄道によると22日午後7時ごろ、三重県伊勢市の宇治山田駅コンコースで浸水があった。電車は運休しており、利用者に被害はなかったという。

 避難指示は三重県内で16万人近くに上った。同県では、80歳代の女性が強風にあおられて転倒するなど、2人が軽傷を負った。

「産経WEST」のランキング