産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】掛布氏の後任二軍監督に矢野コーチ配転「愚の骨頂」の声…金本阪神3年目の不安

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
掛布氏の後任二軍監督に矢野コーチ配転「愚の骨頂」の声…金本阪神3年目の不安

継投策や細かな戦略戦術で、金本知憲監督を支えた矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチ =東京ドーム(村本聡撮影) 継投策や細かな戦略戦術で、金本知憲監督を支えた矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチ =東京ドーム(村本聡撮影)

 今季で就任2年目を終えた金本監督は契約期間を終了しますが、すでにシーズン中に坂井信也オーナーが続投要請。金本監督も受諾しており、このコラムで書いた通りに3年を基本線とする複数年契約が提示される運びです。契約のスパンは流動的な部分もありますが、来季も金本監督が指揮を執ることには変わりはありません。

 そして、新スタッフの中で大きな注目点は掛布二軍監督退任後の二軍監督人事です。阪神本社や球団首脳の一部には片岡打撃コーチの配転案もありましたが、最終的には矢野燿大一軍作戦兼バッテリーコーチの二軍監督就任が固まっています。

 「オーナーは片岡二軍監督案だったと聞いている。でも、掛布退任後に一軍コーチ昇格案があった今岡コーチもロッテ移籍のために退団した。片岡コーチを二軍監督にすると後任の打撃コーチがいない…となったようだね。最終的には金本監督の意向で矢野二軍監督に収まったようだ」とはチーム関係者の話ですが、この人事には発表される前から早くも不安視する声が流れ始めているのです。あまりにキツイ表現ですが、「愚の骨頂だ…」と。

 掛布二軍監督を退任させた理由は金本監督との若手育成の考え方のギャップでした。広島カープのように有無を言わさない徹底した指導を求めた金本監督に対して、掛布二軍監督は選手の自主生を重んじる練習方法を採りました。それが金本監督には歯がゆく映ったようですね。両者の溝は深まり、金本続投と表裏一体のように、掛布二軍監督は退任となったわけですが、当然ながら後任の二軍監督は金本流の若手育成法の推進者でなければ話の辻褄(つじつま)が合いませんね。金本流と違う考え方ならば、掛布退任の意味がなくなるからです。

 そこでこの2年間、一軍で共に戦い、気心の知れた矢野コーチを二軍監督に配転…となったのでしょう。矢野コーチとなら一軍と二軍のパイプの詰まりは心配なく、二軍の練習方法から起用法まで金本監督の意向通りに運びそうです。まさに金本監督は一軍と二軍の全権を掌握…といった感じですか。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング