産経WEST

宇治上神社拝殿で液体被害 京都・宇治市の世界遺産

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宇治上神社拝殿で液体被害 京都・宇治市の世界遺産

油が巻かれたとみられる跡が残る宇治上神社の摂社、春日神社の大床と階段=京都府宇治市 油が巻かれたとみられる跡が残る宇治上神社の摂社、春日神社の大床と階段=京都府宇治市

 京都府宇治市の世界遺産・宇治上神社で、建物に油のような液体がまかれているのが見つかった。京都府警宇治署は19日、文化財保護法違反の疑いで捜査を始めたと発表した。

 宇治署や宮村徹宮司によると、17日午前10時ごろ、宇治上神社拝殿(国宝)の階段がぬれ、付近にネコとみられる小動物の足跡が残っているのが見つかった。

 18日午後4時半ごろには、摂社の春日神社本殿(国指定重要文化財)の大床と階段に油のような液体がまかれているのを宮村宮司が発見。同署に通報した。

 神社は午前5時半に開門し、午後4時半の閉門まで出入りは自由。境内には防犯カメラが6台設置されているという。宮村宮司は取材に「世界遺産の文化財は世界の宝。それを傷つける行為はおかしいし、許せない」と話した。

「産経WEST」のランキング