産経WEST

【関西の議論】「墓は決まった姿でなくてもいい」バイク、チェッカーフラッグ、ラグビーボール…故人の思い反映した多種多様な墓石事情 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「墓は決まった姿でなくてもいい」バイク、チェッカーフラッグ、ラグビーボール…故人の思い反映した多種多様な墓石事情 

精巧に作られた「石のバイク」。もともとはバイク事故で亡くなった男性の墓前に飾られていたモニュメントだったが、今は「大阪石材工業」南大阪店の前に展示されている=大阪府富田林市 精巧に作られた「石のバイク」。もともとはバイク事故で亡くなった男性の墓前に飾られていたモニュメントだったが、今は「大阪石材工業」南大阪店の前に展示されている=大阪府富田林市

 墓石や石製品の販売・加工を手がける「大阪石材工業」(本社・大阪府東大阪市)南大阪店(同府富田林市)の前に展示された「石のバイク」が話題を呼んでいる。バイク好きだった男性の墓前にかつて飾られていたモニュメント。「墓は決まった姿でなくてもいい」。ここ20~30年でそんな価値観や感覚が広がり、故人の思いを反映したさまざまな形状の墓石が作られ、「お墓デザインコンテスト」も行われているという。(藤崎真生)

「石のバイク」、細部まで再現

 「石のバイク」のモデルはカワサキの「ZXR」シリーズ。長さ約2メートル、高さ約1・1メートル、幅約60センチ。大阪石材工業南大阪店の店長、安達裕樹さん(35)によると、約20年前に制作。バイク事故で亡くなった男性の母親との話し合いが始まりだった。

 事故でバイクは大破したものの男性の友人らの努力で復元され、故人の仏壇前に飾られていた。当時の同社担当者が「バイクの(石の)モニュメントを作れば故人も喜ばれるでしょうね」と男性の母親に話したところ、実際に形にする話が持ち上がり、制作が決まったという。

 作る上で心がけたのは「(男性が)いつも乗っていたバイクだね」と思ってもらえるよう本物の姿に近づけること。実物を写真で撮影して2分の1サイズの模型を作るなどしてイメージを描いた。

 本体部分はかつて墓石によく使われていた「大黒石」、赤茶色のホイール部分は整形しやすい「中国カパオ」という石を使用。ハンドル部分をはじめとする細い部分は、折れないように成形に細心の注意を払った。メーターやナンバープレート、車体にはられたステッカーといった細部まで再現した作品が完成したのは、依頼を受けてから約1年後だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「墓は決まった姿でなくてもいい」バイク、チェッカーフラッグ、ラグビーボール…故人の思い反映した多種多様な墓石事情 
  • 「墓は決まった姿でなくてもいい」バイク、チェッカーフラッグ、ラグビーボール…故人の思い反映した多種多様な墓石事情 
  • 「墓は決まった姿でなくてもいい」バイク、チェッカーフラッグ、ラグビーボール…故人の思い反映した多種多様な墓石事情 

「産経WEST」のランキング