産経WEST

【エンタメよもやま話】全米が怒った…政界に直結ハリウッド最強ドン30年間も女優に強要セクハラ、あぶり出されたハリウッドの二枚舌(上)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
全米が怒った…政界に直結ハリウッド最強ドン30年間も女優に強要セクハラ、あぶり出されたハリウッドの二枚舌(上)

左からハーベイ・ワインスタイン氏、アンジェリーナ・ジョリーさん、グウィネス・パルトロウさん(共同) 左からハーベイ・ワインスタイン氏、アンジェリーナ・ジョリーさん、グウィネス・パルトロウさん(共同)

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、エンタメのど真ん中、米ハリウッドに関するお話でございます。

 米ハリウッドの大物映画プロデューサーで、ハーヴェイ・ワインスタイン(65)という男がいます。ニューヨーク生まれで、1979年に弟のボブとともに独立系の小さな映画会社「ミラマックス」を設立。スティーヴン・ソダーバーグ監督を一躍有名にした「セックスと嘘とビデオテープ」(89年)や鬼才クエンティン・タランティーノ監督(54)の出世作「パルプ・フィクション」(94年)、99年の第71回アカデミー賞で作品賞など7部門に輝いた「恋に落ちたシェイクスピア」(98年)など、個性的&トンがった作品で数々の大ヒットを飛ばし、大手を凌駕(りょうが)する成功と存在感と手に入れます。

 その後、ミラマックスは93年、ディズニーに売却され、ディズニーの社風にそぐわない、トンがっていたり政治色が強かったりする作品を世に送り出すことが困難に。そこでワインスタイン兄弟は2005年、新会社「ワインスタイン・カンパニー」を設立。ハーヴェイは相変わらずハリウッド最強のヒットメーカーのひとりとして大活躍します。

 アカデミー賞レースにも隠然たる力を発揮し、2012年のアカデミー賞(第84回)では、自分がカンヌで買い付けてきた仏の白黒無声映画「アーティスト」(2011年)を、本当なら仏の作品なので「外国語映画賞」の部門で競うべきところを「作品の舞台はハリウッド。それに無声映画で誰も仏語をしゃべっていない」という屁理屈でメーンの作品賞の部門にねじ込み、裏工作&ゴリ押しでこの作品に作品賞を取らせました。

 おまけにこの男、昔からリベラルな民主党に多額の政治献金を行うなど、民主党に太いパイプを持っており、「アーティスト」が作品賞に輝いた第84回のアカデミー賞の発表・授賞式(2012年2月26日)では娘のリリーと暗躍し、民主党のバラク・オバマ大統領(当時)の嫁ミシェルを何とホワイトハウスから生中継で登場させるなど、かつてない政治色の濃い内容に仕立てました。

 平たく言えば悪辣(あくらつ)な“ハリウッドの首領(ドン)”なわけですが、このドンがいま、過去30年間にわたり、有名女優や裏方で活躍する女性たちにセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)を行っていたことが判明。政界まで巻き込む大スキャンダルに発展しているのです。

 というわけで、今週の本コラムでは、全米を揺るがすこの騒ぎについてご説明いたします。

    ◇   ◇

■「性的サービスすれば、後押ししてやる」…女性8人から訴訟

 事の発端は10月5日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)のスクープです。同紙によると、20年前、ワインスタインは米人気女優アシュレイ・ジャッド(49)に「仕事のための朝食ミーティングをしよう」と、彼女をビバリーヒルズにある高級ホテル「ザ・ペニンシュラ ビバリーヒルズ」に呼び出します。

このニュースの写真

  • 全米が怒った…政界に直結ハリウッド最強ドン30年間も女優に強要セクハラ、あぶり出されたハリウッドの二枚舌(上)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング