産経WEST

「交際断られて一方的に恨み、惨殺」女子予備校生殺害、元少年に懲役22年求刑 福岡地裁公判

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「交際断られて一方的に恨み、惨殺」女子予備校生殺害、元少年に懲役22年求刑 福岡地裁公判

 福岡市西区で昨年2月、同じ予備校に通っていた北川ひかるさん=当時(19)=を殺害したとして、殺人罪などに問われた元少年(21)の裁判員裁判が17日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であり、検察側は「残虐極まりない犯行」とし懲役22年を求刑した。弁護側は殺害を認めた上で「心神喪失状態だった可能性がある」として無罪を主張し結審した。判決は31日。

 論告で検察側は「元少年は北川さんに交際を申し込んだが断られ、一方的に恨みを抱いて殺害した。顔や頭に59カ所の傷があり、惨殺と言っても過言ではない」と指摘。凶器を準備し、最寄り駅で待ち伏せするなど計画的で、刑事責任能力は問えるとした。

 弁護側は最終弁論で、元少年が統合失調症の影響で幻聴に悩まされ、北川さんが悪い噂を広めていると妄想したと主張。「嫌がらせをやめるよう頼んだが相手にされず、殺意を抱いた。凶器のナイフとおのは護身用だった」と反論した。

阪大合格が暗転…被害者の父「一生許すことはできない」

 公判では北川さんの両親らも意見陳述した。父親は、事件2日前に受験した第1志望の大阪大法学部に合格していたことに触れ「ひかるは合格の知らせを聞けなかった。おめでとうと言ってあげたかった。一生許すことはできない」と訴えた。

 元少年は最後に「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング