産経WEST

「大和」「瑞鶴」「長門」…戦没艦船の細密鉛筆画“遺影”描き続ける奉納画家が初の画集 「英霊、船霊の慰霊のために」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大和」「瑞鶴」「長門」…戦没艦船の細密鉛筆画“遺影”描き続ける奉納画家が初の画集 「英霊、船霊の慰霊のために」

菅野泰紀さんが描いた「産声-鋼鉄の咆哮 戦艦 大和 2601-」 菅野泰紀さんが描いた「産声-鋼鉄の咆哮 戦艦 大和 2601-」

 戦前の海軍艦船の精密な鉛筆画を描き、艦内神社の分霊元に奉納活動を続けている鉛筆艦船画家、菅野泰紀さん(34)が初めての画集「肖像-海征く艟(どう)艨(もう)たちの残影」を刊行する。橿原神宮(奈良県橿原市)に奉納した航空母艦「瑞鶴」や住吉神社(山口県下関市)に納めた戦艦「長門」など約60点の作品を収録。菅野さんの作品は、当時の記録写真や乗組員の証言などを元に厳密に描かれていて、戦没艦船の姿を今に伝える史料として貴重な1冊になりそうだ。

靖国神社を皮切りに、分霊元の神社への作品奉納活動を開始

 菅野さんが海軍艦船をテーマに選んだのは7年前。軍人だった祖父に戦艦「大和」を見た時の感動などを聞き、写真集などで海軍艦船を見るうちに、その格好よさに魅かれた。

 描くために調べる資料で艦内神社の存在も知った。海軍艦船にはすべて、艦名と同じ名前の神社や艦ゆかりの地域の有名神社から分霊された神社があり、航海安全と武運長久をつかさどっていた。

 「祖国を遠く離れて任務を遂行する乗組員たちにとって、祖国と自分たちをつなぐ絆のような存在だったと思います」

 そう考えた菅野さんは、4年前の靖国神社を皮切りに、分霊元の神社への作品の奉納活動を始めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大和」「瑞鶴」「長門」…戦没艦船の細密鉛筆画“遺影”描き続ける奉納画家が初の画集 「英霊、船霊の慰霊のために」
  • 「大和」「瑞鶴」「長門」…戦没艦船の細密鉛筆画“遺影”描き続ける奉納画家が初の画集 「英霊、船霊の慰霊のために」
  • 「大和」「瑞鶴」「長門」…戦没艦船の細密鉛筆画“遺影”描き続ける奉納画家が初の画集 「英霊、船霊の慰霊のために」
  • 「大和」「瑞鶴」「長門」…戦没艦船の細密鉛筆画“遺影”描き続ける奉納画家が初の画集 「英霊、船霊の慰霊のために」

「産経WEST」のランキング