産経WEST

京都でイルカの化石発見 新種の可能性、鯨類進化のミッシングリンク解明なるか 宇治田原、残存状態も良好

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都でイルカの化石発見 新種の可能性、鯨類進化のミッシングリンク解明なるか 宇治田原、残存状態も良好

発見された下顎骨(上の弓状部は肋骨)世界的にも例外がないほどきれいに残っていた(松岡廣繁助教提供) 発見された下顎骨(上の弓状部は肋骨)世界的にも例外がないほどきれいに残っていた(松岡廣繁助教提供)

 京都府宇治田原町にある1700万~1600万年前(新生代)の地層から、同時代としては世界的にも稀なほど残存状態の良好なイルカの化石が発見された。当時の沿岸環境に適応した原始的なイルカの一種で新種と見られ、研究を続けている京都大学などのグループは、今後さらに詳細な調査を続けて、種の特定などを行うとしている。

 平成27年2月に地元の古生物研究家で会社役員、馬越仁志さん(63)が道路工事現場で腰椎を発見。連絡を受けた京都大学と益富地学会館(京都市上京区)の研究者らが合同で発掘調査を進めた結果、くちばしが30センチ以上もあり、イルカ類としては原始的な特徴を示す絶滅グループの一種であることがわかった。

 その後の調査で頭蓋骨やあご、胸椎、肋骨などが多数見つかり、全長は約4メートルの大型種だったことも判明。頭蓋骨などは一部壊れていたものの、長い下あごの骨は完全に残っており、分類上の重要な手がかりとなる。今後はまだクリーニングされていない部分を取り出して、詳細な分類を行うという。

 同町周辺は、現在の日本列島が形作られる過程で巨大な入り江の一部となっており、地層から多様な海棲動物類の化石が多数見つかることで有名。馬越さんは「たまたまラッキーが重なって発掘につながってうれしい。今後この付近の当時の生態系が解明されればと期待している」と感慨深げ。

 調査と管理を手がける京都大学大学院理学研究科の松岡廣繁助教(古生物学)は「世界のどこにもぴったり合う化石がなく、新種で間違いない。今後この化石で、鯨類の進化のミッシングリンクが解明できれば」と話している。

このニュースの写真

  • 京都でイルカの化石発見 新種の可能性、鯨類進化のミッシングリンク解明なるか 宇治田原、残存状態も良好

「産経WEST」のランキング