産経WEST

【プロ野球】阪神新井が引退表明「最初に相談したのは兄」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神新井が引退表明「最初に相談したのは兄」

ファンとタッチをする阪神・新井良太=甲子園球場(森本幸一撮影) ファンとタッチをする阪神・新井良太=甲子園球場(森本幸一撮影)

 阪神の新井良太内野手(34)が11日、今季限りの現役引退を表明した。兵庫県西宮市の球団事務所で会見し、「強い覚悟を決めて臨んだシーズン。数字のけじめを取らないといけない気持ちだった」と語った。

 今季は2軍生活が長く、兄の貴浩内野手(広島)には球宴明けの時期から進退の相談をしていたという。「一番最初に相談したのが兄だった。兄は一番の味方。お前が自分で決めたらいいと親身にアドバイスしてくれた」と振り返った。

 阪神では7年間プレーし、豪快なスイングでファンに親しまれた。「つらいことがほとんどだったけど、大歓声の中でプレーできることを励みに頑張れた。野球をやらせてもらえたという感謝しかないです」と、すっきりした表情で話した。

このニュースの写真

  • 阪神新井が引退表明「最初に相談したのは兄」
  • 阪神新井が引退表明「最初に相談したのは兄」

「産経WEST」のランキング