産経WEST

【衆院選】「これで連合の政治力も終了」橋下氏、選挙前に血が騒ぐ? ツイッター投稿連発、小池氏との秘密会談同席も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衆院選】
「これで連合の政治力も終了」橋下氏、選挙前に血が騒ぐ? ツイッター投稿連発、小池氏との秘密会談同席も

橋下徹前大阪市長 橋下徹前大阪市長

 日本維新の会の法律顧問を務める橋下徹前大阪市長が、衆院選を前に存在感を示している。政界を引退し、私人の立場を強調しているが、希望の党代表の小池百合子東京都知事と維新代表の松井一郎大阪府知事の秘密会談に同席、ツイッターではさかんに選挙関連の投稿を繰り返している。

 「小池さん、松井さん、前原(誠司民進党代表)さんは(中略)棲み分けの密約を交わすべき」。9月27日の投稿として残る橋下氏のツイート。大村秀章愛知県知事を交えた3知事会談がその3日後に実現。記者会見では、維新と希望がそれぞれ東京と大阪で候補者を擁立しない選挙区調整が公表され、橋下氏の言うすみ分けの一部が現実となった。

 橋下氏は平成27年12月に政界引退し、現在はテレビ出演や講演活動に専念。今年5月末で維新の政策顧問も退任した。選挙での応援演説はせず、ポスター使用も認めないなど、徹底して政治と距離を置いてきた。

 だが今回、衆院選を控えた水面下の動きが明らかになった。

 関係者によると、橋下氏が東京都内での小池、松井両氏の会談に居合わせたのは9月27日の「密約」投稿の1週間前。短時間だったが、維新と希望の連携が生まれるきっかけとなったとされる。

 ツイッター投稿はその後も活発だ。民進党が希望への合流を決め、小池氏や前原氏を「歴史に名を残す」と持ち上げる一方、「これで連合の政治力も終了」と民進最大の支持団体をばっさり。「小池さんが出馬しないなら政権選択選挙にはならない」ともつぶやいた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング