産経WEST

たこ焼き売るかかしなど200体展示 奈良・高取町「町家のかかし巡り」始まる 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


たこ焼き売るかかしなど200体展示 奈良・高取町「町家のかかし巡り」始まる 

たこ焼きを売る案山子=奈良県高取町 たこ焼きを売る案山子=奈良県高取町

 奈良県の高取町民らが手作りした案山子(かかし)約200体がメーンストリートの土佐街道沿いに並ぶ「第9回町家のかかし巡り」が同町で開かれている。31日まで。

 住民団体「天の川実行委員会」(岡健治代表)が地域活性化の一環として開催し、今年のテーマは「かかしの七福神巡り」。メーン会場には、宝船に乗る弁財天や大黒天、毘沙門天などを展示。街道沿いの約50カ所では、たこ焼きや綿菓子を売ったり、ベンチに座ったりしているユニークな案山子が見物客を楽しませている。いずれも60歳以上の住民が手作りした。

 来場者は2年連続で1万人を超え、地元の秋の風物詩としてすっかり定着。同会は「かわいい案山子やおもしろい案山子などいろんな案山子があり、楽しんでいただけると思います」とアピールしている。

 開催時間は午前10時~午後4時で、見学無料。七福神の案山子を巡ると粗品がもらえるスタンプラリーもある。問い合わせは観光案内所「夢創舘」((電)0744・52・1150)。

「産経WEST」のランキング