産経WEST

【銀幕裏の声】呉軍港空襲の生還者(下) 終わらなかった戦争、戦地の兵士を日本へ届けよ! 「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
呉軍港空襲の生還者(下) 終わらなかった戦争、戦地の兵士を日本へ届けよ! 「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは

“島”のように擬装された空母「鳳翔」(右上)。山本さんは通信兵として乗艦していた “島”のように擬装された空母「鳳翔」(右上)。山本さんは通信兵として乗艦していた

▼(上)空母「天城」も横倒し、空一面が炎と煙…から続く

 第二次世界大戦末期の昭和20(1945)年7月、広島県呉市の呉軍港は米軍機による猛攻を受ける。停泊中の戦艦や空母などが致命的な被害を被り、呉軍港は日本海軍の母校としての機能を完全に失った。通信兵として空母「鳳翔(ほうしょう)」に乗艦していた山本重光さんは目の前で展開する光景を「地獄絵図そのものだった」と振り返る。鳳翔は奇跡的に軽微な損傷で済み、山本さんは一命を取り留めた。その理由について山本さんはしみじみとこう語った。「江田島の島民が島を挙げて迷彩シートなどで擬装してくれていたおかげです」と。山本さんは「この日、目撃した光景を忘れないために、後生へ伝えるために…」と92歳になって初めて取材に応じ、証言してくれた。(戸津井康之)

奇跡的な生還

 戦艦「榛名」「伊勢」「日向」、空母「天城」など呉軍港に停泊中の軍艦が次々と大破していくなか、山本さんの乗艦する空母「鳳翔」は軽微な損傷だけで空爆から逃れている。

 それはいったいなぜか?

 「米軍の大空襲を想定し、その年の6月頃から江田島の島民たちが島を挙げて、鳳翔を守るために擬装してくれていたのです」と山本さんは説明する。

 擬装とは、艦橋や飛行甲板などを迷彩シートや草木で覆い、艦全体を島のように見せかけること。他にも擬装していた軍艦はあったが、上空から米軍機に見破られていたのだ。

 「鳳翔は全長約170メートルもあったんですよ。そんな巨大な空母を覆い隠すのですから、どれだけ多くの住民たちが擬装するために一生懸命、尽くしてくれたか…」。山本さんは感謝の思いを込めてこう振り返った。

玉音放送、絶句…甲板800人が整列し、軍艦旗を…

このニュースの写真

  • 呉軍港空襲の生還者(下) 終わらなかった戦争、戦地の兵士を日本へ届けよ! 「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは
  • 呉軍港空襲の生還者(下) 終わらなかった戦争、戦地の兵士を日本へ届けよ! 「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは
  • 呉軍港空襲の生還者(下) 終わらなかった戦争、戦地の兵士を日本へ届けよ! 「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは
  • 呉軍港空襲の生還者(下) 終わらなかった戦争、戦地の兵士を日本へ届けよ! 「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは

関連ニュース

「産経WEST」のランキング