産経WEST

【仕事どうする? 女の流儀(3)】療育、パワハラ…転職重ね価値観に変化 月給50万円より働きやすさ選択

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【仕事どうする? 女の流儀(3)】
療育、パワハラ…転職重ね価値観に変化 月給50万円より働きやすさ選択

転職者の転職回数の比率 転職者の転職回数の比率

前のニュース

 「定年までこの会社で勤め上げるんだ」

 井上貴美(46)はそう信じて社会人の道を歩み始めた。平成5年、バブル景気は去ったが、男女雇用機会均等法が浸透しつつあり、女性の社会進出が勢いづいた時代だ。その後、さまざまな困難にぶつかって職を転々とするとは、まだ想像すらできなかった。

バリバリ働くこと「時代の要請」

 井上は有名女子大を卒業後、大手航空会社の地上職に就き、テレビ番組制作の仕事をする夫と結婚した。大阪府内に購入した自宅は共有名義とし、2人分のローンを組んだ。周囲からは憧れの目を向けられ、「夫婦でバリバリ働くことが時代の要請」と感じていた。

 しかし、28歳で授かった子がダウン症を持って生まれ、長期の療育が欠かせない環境となった。2人目の子の妊娠中には実母のがんが判明、看護にも追われた。思い悩んだ末、「今の会社生活との両立はムリ」と諦め、13年間勤めた会社を去った。

 とはいえ、2人の子と高額に設定した住宅ローンを抱え、収入は必要だ。やがて自宅近くの縫製工場で働き始めた。正社員で、夕方5時に退社できるからと決めた会社だが、手取りは約12万円。それ以上に、小さな職場で女性同士のいじめやパワハラに苦しんだ。

 「直属の女性上司にいつもののしられ、胸を突き飛ばされたりもしました」

 耐え続けたつもりだが、やがて転職を決意した。

 平成19年、35歳。次の仕事には生命保険のコンサルタントを選んだ。「私には接客の仕事の方が向いている」と思って決めた。飛び込み営業をいとわず顧客開拓に励み、契約も獲得して、まずまずの成績を挙げた。

 ところが今度は、2年目から成果報酬型となり、収入を増やせば家庭との両立が難しくなってしまった。そこでまた転身し、別の大手生保の門をたたいた。

続きを読む

仕事どうする? 女の流儀のニュース

仕事どうする? 女の流儀の写真

  • 【仕事どうする? 女の流儀(5)】人が羨む仕事じゃなくていい 女性を引き込んだ「高度経済成長の日本的働き方」男女とも改善を
  • 【仕事どうする? 女の流儀(4)】「いつまでがむしゃらに仕事するんや」 “スーパーウーマン”に試練、長時間労働に意識改革
  • 【仕事どうする? 女の流儀(3)】療育、パワハラ…転職重ね価値観に変化 月給50万円より働きやすさ選択
  • 【仕事どうする? 女の流儀(2)】「おかえり」と言われぬ職場復帰 マタニティー・ハラスメントの悔しさを乗り越えて
  • 【仕事どうする? 女の流儀(1)】出産、育児…「働き続ける意味は?」 男女雇用機会均等法の旗手、戦った30年

「産経WEST」のランキング