産経WEST

【衆院選】おわび行脚の山尾氏「注意深く行動すべき立場なのにできなかった」 支援者からは「脇甘い、注意力散漫」と苦言も…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衆院選】
おわび行脚の山尾氏「注意深く行動すべき立場なのにできなかった」 支援者からは「脇甘い、注意力散漫」と苦言も…

街頭演説で女性と握手する山尾志桜里氏=1日、愛知県豊明市 街頭演説で女性と握手する山尾志桜里氏=1日、愛知県豊明市

 「注意深く行動すべき立場なのに、できなかった。政治家として未熟だった」。1日夜、愛知県瀬戸市で100人以上が参加して開かれた支援者集会。既婚男性との交際疑惑が報じられ民進党を離党し、愛知7区から無所属での立候補を予定する山尾志桜里氏(43)は、神妙な表情で反省の弁を口にした。

 ただ、「やましいことは一切無い」と疑惑を否定し「事実じゃないのに、党を離れるなんて思いもよらなかった」と述べた。地元では、待機児童問題を国会で取り上げるなど、子育て支援に力を注いできた実績も強調している。

 だが、厳しい見方をする支援者も。後援会のある関係者は「脇が甘く、注意力が散漫だったとしか言いようがない。もっとしっかりしないと」と苦言。

 スキャンダルに加え、政党の看板を失った厳しい環境の中で選挙戦に向かう山尾氏。「女性が本当に暮らしやすい社会をつくるため、これまで以上に頑張ります」と街頭で切々と訴えると、「応援しているよ」と声を掛ける人もいた。

このニュースの写真

  • おわび行脚の山尾氏「注意深く行動すべき立場なのにできなかった」 支援者からは「脇甘い、注意力散漫」と苦言も…

「産経WEST」のランキング