産経WEST

大阪の百貨店、全店で売り上げ増 大丸心斎橋店は30・1%増、前年同月比で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪の百貨店、全店で売り上げ増 大丸心斎橋店は30・1%増、前年同月比で

 大阪市内の主要百貨店が2日発表した9月の売上高(速報値)は、前年同月比で全5店が増収だった。訪日外国人向けの販売拡大が続いているほか、秋物衣料品の動きが好調だった。

 阪急百貨店梅田本店(北区)は14・8%増。ジャケットやコートなど秋物衣料品の売れ行きが良かったほか、ブランド服の催事が集客につながった。

 高島屋大阪店(中央区)は18・0%増。昨年11月に改装オープンした時計専門売り場が好調で、富裕層や外国人向けの販売が伸びた。

 「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(阿倍野区)は24・3%増。化粧品や子ども服など外国人向けの販売が伸長し、免税売上高は約15億円と前年同月の約9倍になった。

 大丸心斎橋店(中央区)は30・1%増。外国人に人気の化粧品ブランドの売り場拡大が功を奏した。大丸梅田店(北区)は4・1%増だった。

「産経WEST」のランキング