産経WEST

マンホールふたデザインの総選挙 奈良・生駒で10月1日から投票

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マンホールふたデザインの総選挙 奈良・生駒で10月1日から投票

生駒市の新しいマンホールのデザイン案(生駒市提供) 生駒市の新しいマンホールのデザイン案(生駒市提供)

 奈良県生駒市は、新しいマンホールのデザインを決める「新マンホールふたデザイン決定総選挙」を開催する。投票は10月1日~31日で、地域色豊かな「ご当地マンホール」の制作に向けて7つのデザイン案が出そろった。

 日常生活で必要不可欠な下水道の必要性や重要性を知ってもらい、下水道業務に興味を持ってもらおうと、同市下水道課の若手職員がプロジェクトチームを結成。近年、全国でマンホールのふたのデザインに注目が集まっていることから、制作に乗り出した。

 プロジェクトでは、今年4月~6月にかけて、市民に「生駒市のイメージ」についてアンケートを実施。約1600人の市民に調査した結果、1位に選ばれた「生駒山」をメーンデザインとし、2~5位の「生駒山上遊園地」「たけまるくん」「ケーブルカー」「高山茶せん」を盛り込んだ計7種類のデザイン案がマンホールメーカーによって制作された。

 投票は10月1日~31日に、同市公式ホームページや市役所、駅前図書館、コミュニティセンターなどの公共施設窓口、同市が開催する各種イベントなどで実施。市民だけでなく誰でも参加可能。11月中旬ごろに新デザインが決定し、来年3月ごろに設置されるという。

 担当者は、「新しいマンホールのデザインを市民のみなさんとともに作っていきたい。投票をお願いします」と呼びかけている。

 問い合わせは、市下水道課((電)0743・74・1111)。 

「産経WEST」のランキング