産経WEST

キャットフード万引に無罪 「故意は断定できない」 車いす押して移動の男性

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


キャットフード万引に無罪 「故意は断定できない」 車いす押して移動の男性

 神戸市兵庫区の雑貨店で3月、押して使用していた車いすにキャットフード6点(計約千円相当)を載せ、代金を支払わず万引したとして窃盗罪に問われた同区の男性(76)に神戸地裁(安達拓裁判官)は現場の状況などから「窃盗の故意があったとは断定できない」として無罪(求刑懲役1年2月)を言い渡した。判決は28日付。

 判決によると、男性は出入り口付近の棚にあった缶入りキャットフードを持参したレジ袋に入れて車いすに載せ、店外の通路を移動。店長が警察官に引き渡した。

 安達裁判官は、店内の通路は幅が狭く段ボール箱などが置かれており、車いすを押して移動するのは難しいと指摘。周囲に客がおり、自分のレジ袋に入れても精算済みと装う目的とは言えないことや現金約3万4千円を持っていたことも挙げ、故意はないと判断した。

 神戸地検の永幡無二雄次席検事は「上級庁と協議し適正に対応したい」とコメントした。

「産経WEST」のランキング