産経WEST

官製談合事件で三重・度会町役場を家宅捜索 逮捕の業者、町発注工事を6件受注

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


官製談合事件で三重・度会町役場を家宅捜索 逮捕の業者、町発注工事を6件受注

 三重県度会町発注の電気設備工事を巡り、官製談合防止法違反容疑で逮捕された同町税務課の係長山口幸宏容疑者(43)が設計金額を漏らしたとされる同県伊勢市の電気工事会社が、逮捕容疑となった工事も含め、平成23~27年度にかけて同町発注の工事を計6件受注していたことが27日、町への取材で分かった。

 山口容疑者は23年4月に工事を所管していた生活環境課(現水道課)の係長に就任。県警によると、山口容疑者は設計価格を知り得る立場だったといい、同社が受注した経緯を調べている。県警は27日、度会町役場を家宅捜索した。

 度会町によると、山口容疑者は22年4月から生活環境課に勤務。1年後に係長に昇任した。6件は、22年度に計画され27年度に完了した上水道整備事業のうちの電気設備関連の工事。

 県警は26日、山口容疑者とともに電気工事会社「イレクト伊勢」の会長阿形治信容疑者(74)ら2人も逮捕した。

 山口容疑者の逮捕容疑は26年7月下旬ごろ、阿形容疑者らに工事の設計金額が約6千万円だと漏らした疑い。阿形容疑者らはその金額を参考に入札し、工事を受注した疑い。

「産経WEST」のランキング